住宅ローン金利の過去の推移を参考にしてみよう!

人生最大の買い物ともいえる住宅ローン。
少しでも金利をおさえ返済総額を抑えたいというのは、誰もが願うことだと思います。
ただ、どうやってその方法を見つけたらよいか分らないという方のために今回は、金利の過去の推移をみてみましょう。
まず2013年度の時点で金利は低迷状態にあります。
約20年前のバブル期には変動金利が最高記録を更新し、なんと8.
5%という大記録になりました。
ただ、ここ最近はそのような上昇傾向はみられません。
過去の推移をみてみると、低迷状態にあります。
なので住宅ローンを検討している方には今が最も最適だといえるでしょう。
変動金利でも大丈夫だと思いますが、どうしても不安のある方は3年間の固定金利や10年固定金利という金利の推移によって変化しないものもあるのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか。
まずはいくつか、比較しながらみてみるといいですね。
住宅ローン審査落ちた理由は?審査基準に通らない!【おすすめ銀行は?】