フラット35sの審査は難しくない?

フラット35sの審査は、ただのフラット35に比べて審査が劇的に難しくなるものではありません。
もちろん審査手続きが追加になるので、フラット35sの審査は多少面倒にはなります。
しかし、基本的にフラット35sの審査は建物に対する審査が追加になるだけですから、ハウスメーカーなどに追加資料の提示を依頼するだけのことです。
そのため、借りる人がフラット35sの審査のために特別に準備する必要がある資料はほとんどなく、手間もかからないと考えて間違いはないはずです。
もっとも、手間がかからないことは間違いなくてもフラット35sの審査基準を知っておくと、より有利な融資を受けることが可能であり、住宅自体の価値も高いので損はありません。
10個の条件を調べておくといいでしょう。